BLOG 

スポンサーサイト

とさつ 変換できない

今回の記事は、屠殺という文字が漢字変換できないわけから見えてくる、人間の悪について記述します。理由①前に、どっかで書きましたが、人間は、自分たちの悪事を悪だと認めたくない。というか、悪だという結論が出ているにもかかわらず、絶対認めない。悪だといわれたくない。しかし、悪だと確定している。ならば、最初から知られなければいい。 知られなければ非難されない。だから、とさつを漢字に変換しにくくしてる。 屠る...

最適な食肉量、食べるべき肉の量

今回の記事では、食べるべき肉の量について記述します。まず、私は食肉絶対反対主義ではない。 なぜなら、食肉を長期間0にするということは、そのせいで体調を崩す人がでてくるかもしれないからである。人間は、食肉との最適距離を測るほうが倫理的である。どうすればいいのかというと、自分で料理を作って、なおかつ、他人からの外食の誘いをすべて断ることが可能な人は、肉を料理に全く使わないで、どれだけの期間までなら、体...

改訂の報告 (ごめんなさい)

これまで、記事をちょくちょく改訂してきたので、みなさん混乱してると思います。 ごめんなさい。特に、第一回目の記事内容をたびたび改訂してきました。しかし、私としても、第一回の記事には、気合を入れて取り組んでいるので、こうしたほうがいいと思ったら、今後も改訂していくと思います。そんなわけですので、今後の混乱を避けるために、今後、この「改訂のご報告」にて、改訂したことをご報告することにしました。━以下、...

善人と悪人の違い

今回の記事では、善人と悪人の違いについて記述します。前回の記事で話したように、悪人とは情け、いわゆる情、すなわち、愛情、友情を含む〇〇情といった、高尚な、プラスの感情を持ちえない人のことを指し、善人とはそれを持ちえる人のことを指すと思われます。人は、小さいときは善である、という話を聞きましたが、小さいときは、行える悪の限界が小さいというだけであり、小さい子も悪からは変わりませんでした。 それはもう...

このブログの存在理由

本ブログでは、私情や心情を一切書く気はない。 邪魔でしかないからだ。  客観的な根拠を持って、事象を正しい、あるいは間違っていると淡々と結論付けていくだけの善良なブログである。というか、私にも情けと呼べる情けは存在しない。 善人ではない。 他人のことをとやかく言えるような人間ではない。私だって、お金を動物たちのために使えば善なのに、飲み食いのために使い、何もしていないただの普通人だ。そもそも、この...

About me

Hi, there.

ここに自己紹介やサイト案内
htmlソース内に直接書いてください
書き方は該当部分に注訳があります
削除もできます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。